屋根リフォーム

屋根リフォーム工事について

屋根は常に太陽の日射し(紫外線)や風雨にさらされるため、外壁に比べて劣化するのも早いです。
そのため、放置しすぎると、ひび割れや剥がれ、それによって起こりやすい雨漏りの原因になります。このような状態になる前に屋根も10年~15年に一度はメンテナンスをしましょう。

将来メンテナンスが必要になる屋根の種類

ストレート板・カラーベスト
コロニアル

セメント瓦
モニエル瓦

鋼板材質の屋根

鋼板材質の屋根

一般的に住宅の屋根に使用されている屋根材です。

屋根のリフォーム工事には塗装やカバー工法、葺き替えといった3種類があります。
今回は塗装カバー工法について説明させていただきます。

屋根を塗装で施工する場合

■年数の目安

新築あるいは最後に塗り替えてから10~15年程度
(あくまでも目安です。立地条件によって

■屋根の状態

●カビやコケが付着している
●色あせて、変色している。
●鋼板屋根の場合は、色あせやサビが出始めている

Before

After

Before

After

屋根をカバー工法で施工する場合

■年数の目安

新築あるいは最後に塗り替えてから20~25年程度
(あくまでも目安です。立地条件によって

■屋根の状態

1)カビやコケはもちろん、表面の変色
2)多数の割れや剥がれが見られる
3)雨漏りがする
※2と3に該当する場合は、カバー工法が必要です。

Before

ルーフィング(防水シート貼り)

カバー工法仕上げ  
横暖ルーフ
(一般的に住宅のカバー工法で使用される材料です)

カバー工法仕上げ  
スカイメタルルーフ
(一般的に住宅のカバー工法で使用される材料です)

お問い合わせ

初めて塗装する方へ

外壁診断

5つのポイント

インスタグラム

屋根リフォーム

  • UVプロテクト
  • シーリング材

<広告>

新築・土地をお探しの方

頁トップへ戻る

ホーム塗り替え.comサダモトとは5つのポイント施工例塗装工程知っ得情報お問い合わせ

copyright(c) 2017 Sadamoto All rights reserved.